他愛もない日々のこと綴ってます


by lulumacaron

小児科選び

小児科を選ぶ時何を重視していますか?






これは初めて息子を入院施設のある大きな総合病院の小児科にかかったときに先生に言われた言葉です。






えっと・・・
口コミとか・・・・・・えっと・・・


とうまく答えられなかった私。


息子が初めて入院することになった1昨年10月末まで行ってた病院は(今でも予防接種はそちらでお世話になってます)
すごく人気のようで、混んでいる病院です。先生もとっても感じがいい。
半分以上が子連れママさん。





そうなんです、一般の内科と小児科の病院。





話を戻すと

総合病院の先生は・・・




看板を見て下さい



そう言いました。





一番最初に「小児科」と書いてあるところ。
初めに内科って書いてあるのは小児科専門じゃないから。
もしくは○○こどもクリニック  とかいう名称の所といいました。





子供の、特に未就学児のレントゲンは特別な施設、レントゲン技師がいるため、
一般内科では撮れないとのこと。

(すべてのこどもクリニックでレントゲンが撮れるとは限らないと思いますのでご注意ください。)




未就学児のレントゲンが撮れないところは小児科専門の先生じゃないというような感じでした。




息子が初めて入院した時は血中酸素濃度が95~96.

前日個人の小児科にかかったときもそのくらいで、90以上あれば即入院ではないということと
レントゲンが撮れないので、紹介状を書くので翌日行って下さい
とのことでした。

しかし。
総合病院の先生は、その血中濃度は即入院よ!!と言ってました。

大人と子供は違うのよ!!とのことでした。

その時の息子の状態は夜も咳こんで起きてしまうという状態でした。
朝方咳と、苦しいで泣いて、咳こんでいると言っても明らかにいつもと違く、救急車よぶ?救急病院に連れていく?と迷うレベルでした。
その様子を伝えると本当に救急車を呼んでもいいような状態とのことでした。





長くなりましたが、
我が子は喘息症状が出ると、その総合病院にかかることになったので、重症化せず
入院して治療ができることになったのです。


今までの個人の病院では、アレルギー検査もしていなかったので喘息なんて言われたこともなかったのです。


入院することがなかったら、風邪が長引くね~なんて言っていたかもしれません。






病院選びって大切ですね。






a0256692_14514241.jpg

                     入院したときに同室だった小学4年生。
                 息子がよくなついて沢山遊んでくれて助かりました^^
[PR]
by lulumacaron | 2013-01-22 14:47 | 子育て